fc2ブログ
電源を落とし再起動しても画面真っ暗な時、可能性としてMBR破損(マスターブートレコード)、HDDハードディスク破損、Ubuntuのシステム破損、ケーブルの接触不良、その他、致命的なPCの障害等。トラブルシュートをしていたらキリが無い。

そんな時は落ち着いてUbuntuのLiveCDを走らせて見ます。もし走れば多くの致命的障害の可能性は消えます。

そこでLiveCDによる起動の最初のメニュー画面でF6キーを押して起動オプションを立ち上げます。
立ち上がった起動オプションの文字列の一部を書き換えます。

起動オプション file=/cdrom/preseed/ubuntu.seed boot=casper initrd=/casper/initrd.gz

長い文字列の中に、”boot=casper"の部分を”root=/dev/sda1" 等に書き換えてEnterを押して起動させます。

これでハードディスクのUbuntuを通常起動が可能になります。(sda1はUbuntuのシステムがインストールされているパーティションになります、従って環境によっては”sda2"或いは"sdb1等になっている可能性もあります)

GUIでパーティションを確認したい時には、一度LiveCDで起動させてパーティションエディタ(システム→システム管理→パーティションエディタ)で確認できます。

MBR破損を仮定してGRUBの再インストールを試みます。

ハードディスクの中のUbuntuが起動できたら、端末を開いて改めてGRUBのインストールをします。

sudo /usr/sbin/grub-install /dev/sda

この時の”sda"は先頭のハードディスクを意味します。

GRUBのインストール完了後、PCを再起動させます。

無事に起動できればOKです。

Windowsとのデュアルブート時などで、Windowsのリストアが必要になった場合やWindowsの障害でPCが起動できない場合等で、この方法で元のデュアルブート環境に復元できます。
... 続きを読む
スポンサーサイト